FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■資格■
未経験からはじめる!海外国内ツアーコンダクター【旅行綜研】

■ビジネス英語■
Bizmates(ビズメイツ)

■スピーキング■
たった60日で英語が話せる!?<七田式>

■オンラインスクール■
NativeCamp

■TOEIC■


■英検・TOEICの弱点強化などに、いつでもWEBで実力判定■
オンラインTOEIC模試の決定版

which means (that) の意味、which means (that) の例文 / you name it の意味、you name it の使い方

  • which means (that) /

  • you name it /

  • get along /

  • get to work /

  • 英文のつながり /

が、今日の主な英語です。

Prison Break (プリズン・ブレイク) の一場面です。

マイケルとスクレが刑務所内の広場で

リンカーンをめぐって話しをしています。

前回の続きです。


M=Michael , S=Sucre


S:-Which means no one up this river is more dangerous

than him 'cause he's got nothing to lose now.-

S:-What are they gonna do, kill him twice?-

M:-Is there a way I can get to him?-

S:-Oh, no. The only time those boys get out is

for chapel and PI.-

M:-PI? What's that?-

S:-Prison Industry. The guys that get along get to work.-

S:-You know, painting, scrapping, making mattresses,

you name it.-



S:-失うものは何もないからマジに危険だぜ-

S:-殺しなんて平気さ-

M:-会えるか?-

S:-礼拝と”PI”の時だけ外に出る-

M:-”PI”って何だ?-

S:-”刑務作業”だ 囚人がやる-

S:-ペンキ塗りや洗濯をしたりするんだ-

上記はドラマの日本語字幕です。
かなりの意訳、場面にあわせた訳になっています。

ほぼ直訳すると

S:(つまり、彼はもう失うものがないから、彼より危険なやつは
このリバー(刑務所の名前の一部)にはいないってことだ)

S:(彼ら(死刑囚〉は何をするかって? 彼を2回殺すことさ)

M:(彼に近づく方法はあるか?)

S:(まあ、あの少年たち(死刑囚たち)が出てくる唯一の時間は、
礼拝と”PI”だけだ)

M:(”PI”? それはなんだ?)

S:(仲のいいやつらが仕事をするんだ)

S:(ペンキを塗ったり、スクラップにしたり、マットレスを作ったり、
どんなものでも)

英文のつながり


長い英文と、関係詞で繋がれている英文

・Which means / no one up this river is / more dangerous
than him / 'cause he's got nothing to lose now.

(つまり、彼はもう失うものがないから、彼より危険なやつは
このリバーにはいないってことだ)

Which means
つまり、

no one up this river is
このリバーには誰もいない

more dangerous than him
彼より危険

'cause he's got nothing to lose now
彼はもう失うものは何もない


・Is there a way (that) I can get to him?
(彼に近づく方法はあるか?)

(that) は、省略されるのが普通ですが、補ってみると
文のつながりがわかりやすいと思います。

I can get to him が、a way につながります。

この (that) は関係副詞


・The only time (that) those boys get out / is for chapel and PI.
(あの少年たちが(受刑者)出てくる唯一の時間は、礼拝と”PI”だけだ)

(that) は、省略されるのが普通ですが、補ってみると
文のつながりがわかりやすいと思います。

those boys get out が、The only time につながります。

この (that) は関係副詞


・The guys / that get along / get to work.
(仲のいいやつらが仕事をするんだ)

that は関係代名詞で、

get along が、the guys につながります。

The guys that get along が、主語に当たる部分

get to work が、動詞に当たる部分になります。


参考
関係詞、who, which, when, where, why, how の変わりに、

that を使うことができます。

関係詞が省略されている場合に、つながりがややこしい時は、

とりあえず、that を補って考えると、わかりやすいかと思います。

(who の方が好ましいとか、そういうのは別にして、つながりを考える
時だけ)

ただし、関係詞の非制限用法
 , + (when, where, who, which) は、that では置き換えられません。


which means (that) つまり、言い換えれば、~ということです


英会話文が前回と分かれてしまいましたが、前回からつなげてみます。

In a month, he's getting the chair.
Which means no one up this river is more dangerous
than him 'cause he's got nothing to lose now.

(一ヶ月で、電気椅子に座る。
つまり、彼はもう失うものがないから、彼より危険なやつは
このリバーにはいないってことだ)

「つまり、言い換えれば」と言う意味で、詳しく説明を付け加えたり
する時などに使える便利は表現です。


英語例文
She didn't show up at the dinner again,
which means she doesn't want to talk to us.

(彼女は、また夕食にあらわれなかった、
つまり私たちと話をしたくないのよ)

He is called "Linc the Sink", which means the most dangerous man.
(彼は、”シンク”と呼ばれる、言い換えれば最も危険な男だ

Rome was not built in a day,
which means it can take a lifetime to build something up
or even a relationship, but it can also be destroyed in a flash.

(ローマは一日にして成らず、
つまり、何かを築きあげたり、関係を築くのには一生涯が
かかることがあるが、一瞬で壊れることもある)

補足
but 以下は、築いたものを壊すのは一瞬でできるが、
それを、また築きあげるには膨大な時間がかかる。
物や関係を壊す前には、明確に考えて行動しなさいというような意味です。

参考
Rome was not built in a day. の意味


you name it 何でも、どんなものでも


painting, scrapping, making mattresses, you name it.
(ペンキを塗ったり、スクラップにしたり、マットレスを作ったり、
どんなものでも)

you name it は、上記のドラマ内英会話のように、
何かの名前を列挙した後で、「何でも、どんなものでも」という意味で
使える便利な表現です。(口語)


そのほかの英単語


・get along
仲良くする、気があう


・get to work
仕事を始める、仕事に取り掛かる

楽しく英会話♪ 米国ドラマでネイティブ英会話 トップページ


TOEICスコアが150点以上UPする教材「スーパーエルマー」とは?   



関連記事
■資格■
未経験からはじめる!海外国内ツアーコンダクター【旅行綜研】

■ビジネス英語■
Bizmates(ビズメイツ)

■スピーキング■
たった60日で英語が話せる!?<七田式>

■オンラインスクール■
NativeCamp

■TOEIC■


■英検・TOEICの弱点強化などに、いつでもWEBで実力判定■
オンラインTOEIC模試の決定版


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


記事内の主なリスト
検索フォーム
人気のプログラム、資格取得、キャンペーン
ECCのオトナが楽しい英語
☆日本文化を英語で
英会話の実力アップに

・英語で表現したくても
単語が出てこない
・単語は分かっていても
話せといわれると
出てこないなど

日常で直面する悩みを
解決することにも使える
おすすめの教材です。

このブログについて
このブログは主に、次のような記述になっています。

1.ドラマ場面での簡単な説明
2.ドラマからの参考英文
3.日本語字幕
4.直訳(ほぼ)
5.英会話で、よく使われる英文の意味・例文
6.その他、英単語、英文の意味・例文

3.の、日本語直訳は、
場面や状況で、英文からは、かけ離れた日本語字幕になっていることが多いので付け足しています。

ドラマの一部を楽しみながら、英会話の習得が一番の目的です。 英文の説明などを簡単に付け加えていますので、日々の力試し・英語力アップなどにお役立ていただければ、うれしく思います。

リンクフリーです。
無料視聴・無料体験英会話
無料視聴・無料で試せる英会話
(上記リンクに、いくつか無料体験ができるページを記載しています。)
無料で見やすい英英辞典
無料 スラング辞書
無料 英和・和英・例文
Weblio
〔音声付〕
*英単語の意味・発音記号は、主にこのサイトを参照しています。
(ただし、英語例文は参照サイト・文献があれば、それごとに記載しています。)

DictJuggler.net
〔文章に携わる人のための辞書・検索サイト〕
無料 英語類義語における意味の違い
無料 日本国内ニュース英字新聞
無料 翻訳サイト
無料 Yahoo! Answers 活用方法
リンク
英語・英会話教材ランキング
無料視聴
ドラマ・映画 Hulu
無料視聴期間は2週間も♪

スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。